七福人一座

伝統芸能 南京玉すだれは古き江戸時代から「縁起物」の門付け芸として親しまれてきました。私たちは南京玉すだれを通じ一座の交流と親睦を図りSSNの行事には積極的に参加し、また地域にも貢献していきます。

玉すだれの材料は竹で、長さ1尺1寸(33㎝)、56本で出来ています、これを使い楽しく演技をしております。

2020年4月1日現在 一座員12名


クラブ活動状況

会の名称「七福人一座」

例会:第2土曜日13:30~15:30

SSNサロンにて練習をしています。

発表の場はSSN文化祭、諸施設訪問等です。

入会について

クラブ入会申込み からお願いします。

体験見学は事前にご連絡願います、体験用玉すだれ用意します。

会費について

年会費 1,000円(改定:2017年4月より)

代表者

部 長
1485
越野 節子
座 長
1226
岡嶋 保雄